大学院奨学生について

一. 博士課程奨学生募集要項

1.応募資格

大学院博士課程(後期)1年次在学の者で、次の条件のいずれかを満たす者に応募資格を与える。

(1)
英米法を専攻する者
(比較法専攻で英米法にかなりの力を注いでいる者を含む)
(2)
東京大学、立教大学、上智大学、その他当財団の理事会が適当と認める大学の大学院で法学を専攻する者で、修士論文において英米法の問題をも十分取り上げ、かつ博士論文でも英米法の問題をも十分取り上げる予定の者
※大学院博士課程(後期)2年次または3年次在学の者であっても、定員に余裕があるときは、採用することがある。

 

2.応募方法

(1)提出書類

履歴書
修士論文のテーマと要旨(600字以上1200字以下)
博士論文の予定テーマ及び概要(600字以上1200字以下)
学部及び大学院の成績証明書(コピー可)
指導教授の推薦状−形式的でないものが望ましい。

 

(2)提出期限

4月末日 必着

 

(3) 提出場所

〒102-0085

東京都千代田区六番町13番地4 浅松ビル3階C室 公益財団法人末延財団事務局 博士課程奨学生係

電話:03-6272-4669

 

3.募集人員

若干名

 

4.給付期間

原則として博士課程在学の3年間

 

5.給付金額(給与)

年額 金120万円(平成27年11月より改定)

 

6.決定時期

6月

 

7.報告義務等の内容

この奨学金の支給を受けた者は、当財団に対し、

(1)
奨学金の領収書を提出するとともに、翌年3月末日までに奨学金の使用明細書(個々の使用についての領収書は不要)を提出する。
(2)
進級の際には、4月末までに在学証明書を提出する。
(3)
次の場合には、その旨を報告する。
博士号を取得したとき(博士論文のテーマを付記すること)
大学の専任講師以上の地位に就いたとき
その他フルタイムの職(司法修習生を含む)に就いたとき
留学し、若しくは大学院を中退したとき

二.修士課程(博士課程前期課程を含む)奨学生募集要項

1.応募資格

大学院修士課程(博士課程前期課程を含む)1年次在学の者で、次の条件のいずれかを満たす者に応募資格を与える。

(1)
英米法を専攻する者
(2)
東京大学、立教大学、上智大学、その他当財団の理事会が適当と認める大学の大学院で法学を専攻する者で、英米法の問題をも十分取り上げる予定の者

 

2.応募方法

(1)提出書類

履歴書
修士課程における研究予定のテーマとそれを選択した理由(600字程度)
学部の成績証明書(コピー可)
指導教授の推薦状−形式的でないものが望ましい。

 

(2)提出期限

4月末日 必着

 

(3)提出場所

〒102-0085

東京都千代田区六番町13番地4 浅松ビル3階C室 公益財団法人末延財団事務局 修士課程奨学生係

電話:03-6272-4669

 

3.募集人員

若干名

 

4.給付期間

原則として修士課程在学の2年間

 

5.給付金額(給与)

年額 金60万円(平成28年度より改定)

 

6.決定時期

6月

 

7.報告義務等の内容

この奨学金の支給を受けた者は、当財団に対し、

(1)
奨学金の領収書を提出するとともに、翌年3月末日までに奨学金の使用明細書(個々の使用についての領収書は不要)を提出する。
(2)
進級の際には、4月末までに在学証明書を提出する。
(3)
次の場合には、その旨を報告する。
修士号及び博士号を取得したとき(博士論文のテーマを付記すること)
大学の専任講師以上の地位に就いたとき
その他フルタイムの職(司法修習生を含む)に就いたとき
留学し、若しくは大学院を中退したとき